初めてのご葬儀

はじめて喪主になられる方へ

はじめて喪主になられる方へ

喪主は葬儀の代表者として、故人になりかわって弔問を受ける人です。
あらかじめ知っておきたい項目をご紹介いたします。

喪主を務めるうえで抑えておくべきこと

喪主は故人と縁の深い人がなります

喪主を務めるうえで抑えておくべきこと

一般的に結婚している人が亡くなったら、その配偶者が喪主となります。 その配偶者がすでに亡くなっていたり、高齢や病気の場合は長男や同居している子供、もしくは他家に嫁いだ娘でも大丈夫です。 故人に近親者がいない場合は、故人と親しかった友人が喪主の代理をすることも可能です。 未成年がなる場合は、親戚が後見人として実際の喪主を務めることになります。

喪主の心構え

喪主を務めるうえで抑えておくべきこと

葬儀全般の実務を取り仕切るのは世話役に任せるとしても、葬儀での席次、供花の置く位置、弔電や弔辞の順番などを確認する必要があります。 また葬儀当日に届いた弔電の内容や差出人など目を通さなければなりません。また早めに喪服に着替え、葬儀開始前には着席して弔問客を迎えます。

会葬者へのごあいさつ

告別式では僧侶退席後に喪主があいさつをしますが、出棺の時にお礼のあいさつをする場合もあります。
どちらもその内容を考えておく必要があります。

【文例】(喪主が息子の場合)
「皆さま、本日はお忙しい中、父○○の葬儀、並びに告別式にご参列いただき、ありがとうございました。 亡き父になりかわりまして、生前に受け賜りましたご厚誼に心からお礼申し上げますとともに、今後も変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 本日はまことにありがとうございました。」

精進落とし

喪主を務めるうえで抑えておくべきこと

遺骨迎え後にはお世話になった方への感謝の気持ちとして、精進落としの宴を行います。 最近は初七日の法要を兼ねて行うことが一般的になっています。喪主のお礼の言葉で宴が始まりますので、ここでもあいさつが必要となってきます。

【文例】
「本日はご多忙中のところを亡き○○のために、いろいろとお心遣いいただき、ありがとうございました。 お蔭様をもちまして、本日滞りなく葬儀・告別式をすませることができました。あらためてお礼を申し上げます。 ささやかではございますが、精進落としの膳を用意しましたので、ごゆっくりお召し上がりいただきたいと思います。本当にありがとうございました。」

ご葬儀までの流れ※一例となります。地域によって異なる場合がございます。

はじめて喪主になられる方へ

ご逝去とご搬送

ご逝去とご搬送
ご逝去とご搬送
ご逝去とご搬送

1.ご逝去

大きな悲しみの中にいながらも、的確な行動を求められる時です。
近親者へのご連絡などしっかりした行動を心がけましょう。

2.葬儀社へご連絡

事前にお決めになられた葬儀社があると、すぐに行動に移れるので安心です。

3.死亡診断書の受け取り

担当医が死亡確認後に「死亡診断書」を発行します。 死亡診断書はご遺体のご搬送、火葬、埋葬許可申請などに必要な大切な書類です。 葬儀社が代行して役所に提出する事も可能です。

4.ご搬送

病院によってはご逝去後、数時間以内に霊安室からの移動をお願いされることがあります。 葬儀社の連絡先はあらかじめお手元に控えておくとよいでしょう。

5.ご安置

ご自宅にてご安置される場合、当社では枕飾り(経机、お線香、ローソクなど)のお手配をさせていただき、ご弔問の環境を整えます。 ご事情によりご自宅でのご安置が難しい場合、当社でご安置施設をご用意しておりますので、ご遠慮なくお申し付けください。

お打ち合わせ

お打ち合わせ
お打ち合わせ

1.ご葬儀の日時と場所を決める

喪主を決め、ご葬儀の日時や規模の協議、また宗教・宗派のご確認を行います。 あわせて菩提寺等がある場合は訃報連絡と日程確認を行います。
(寺院等のご紹介をすることも可能です)

2.スケジュール・式次第を確認する(地域によって異なる場合がございます。)

納棺の儀 ⇒ お通夜式 ⇒ ご葬儀・告別式 ⇒ ご出棺・お火葬

3.式の内容についてお打ち合わせ

個人のご遺志、お人柄やご遺族の想いをくみとった、悔いのないお式にするための入念なお打ち合わせを行います。

4.お見積もりと金額を確認する

十分なお話合いとご検討の末、ご納得いただいた上でご契約ください。
主に下記のものが金額に含まれますが、事前に必ずご確認ください。

式場使用料・祭壇・お棺・お写真・葬儀事務用品一式・会葬礼状・ドライアイス・故人名看板・後飾り祭壇・骨壺 ・搬送車両(寝台車、霊柩車)・運営管理費(司会、式進行など)・火葬料、マイクロバスなど

お通夜

お通夜
お通夜
お通夜

1.ご納棺の儀

ご納棺はご遺族様・ご親族様を中心に行います。仏式の場合はご遺族様・ご親族様で故人様の旅支度を整えていただき、 ご用意いただいた故人様の愛用品をお柩に納めていただきます。
また当社では対面式のオリジナルお柩をご用意しております。

2.司式者様・会葬者様のご到着、式場ご案内

読経等をあげていただくご住職様やご弔問いただく会葬者様をお迎えいたします。

3.お通夜式 ~通夜ぶるまい

ご住職様の読経・焼香後に喪主様・ご遺族様・ご親族様へと順次ご焼香いただき、自席にお戻りいただきます。 つづいてご参列者には、ご焼香をいただき閉式後にお清め会場へと移動していただきます。

4.故人様とのご対面

ご家族やご友人のみなさまで故人様を偲んでお食事をし、お別れのための十分な時間をともに過ごすことがお通夜式の大切な意義です。 たくさんの思い出話とともに故人様を見守ってあげることは、大きな供養のひとつになります。

5.ご葬儀・告別式のお打ち合わせ

翌日に控える告別式のお打ち合わせを行います。
ミスやもれがないように、しっかりとご確認ください。

ご葬儀・告別式

ご葬儀・告別式
ご葬儀・告別式
ご葬儀・告別式

1.ご葬儀・告別式のスケジュールを再確認

当日、スケジュール再確認、弔電奉読順位・ご出棺のご挨拶者、車両台数、お料理、返礼品の数量を再確認・再調整いたします。

2.司式者様・会葬者様のご到着、式場ご案内

読経等をあげていただくご住職様やご弔問いただく会葬者様をお迎えいたします。

3.ご葬儀・告別式 開式

ご住職様の読経・焼香後に喪主様から順次ご焼香いただき、自席にお戻りいただきます。 以後、ご参列者にはご焼香をいただいた後に自席へお戻りいただき、ご挨拶終了までご着席いただきます。弔辞拝受・弔電の奉読も式典中に行います。

4.ご葬儀・告別式 閉式、ご挨拶

ご住職様がご退席され、司会者より閉式の辞を述べたのち、ご遺族様・ご親族様の代表者様からご参列者に対してお礼のご挨拶を行います。

5.お別れの儀

お柩の中にお花を供え、最後のお別れの儀。故人様をお偲びいただきます。

ご出棺・火葬・ご収骨

ご出棺・火葬・ご収骨
ご出棺・火葬・ご収骨
ご出棺・火葬・ご収骨

1.ご出棺

ご柩をご遺族様・ご親族様の男性(6名様ほど)にて霊柩車へご安置した後、喪主様は位牌を持ってご乗車していただきます。 ご遺族様・ご親族様はあらかじめ手配されたマイクロバス等へご乗車していただき、火葬場へ向かいます。

2.火葬・ご収骨

地方によって収骨作法は多少異なりますが、箸を持って二人一組でご遺骨を拾い、骨壺におさめる「箸渡し」が一般的です。
「橋渡し」は「箸」を「橋」にかけて、故人様をこの世からあの世へ渡らせてあげるということからきております。

3.初七日法要・精進落とし

初七日法要は、ご葬儀・告別式読経後もしくは火葬場より戻られてから繰り上げて行う事が多くなっています。 その後「精進落とし・祓い」にてご葬儀でお世話になった方々を感謝の気持ちでもてなします。

4.ご遺骨ご帰邸

あらかじめ設置させていただいた後飾り祭壇にご遺骨をご安置し、喪主様より順にお線香を供えていただきます。

ページの先頭へ戻る